Urethane coating

ウレタンコーティング

ウレタンコーティングの特長

2液性のエーテル系ポリウレタンです。常温で硬化するため、金属以外にも、液体・気体を除くプラスティック、木材等ほとんどの基材にコーティング可能です。

ウレタンコーティングの特性

吸音性 パーツフィーダ1ミリ厚で約15%~18%の減音効果。体感音量は約1/2にもなります。
耐衝撃性 ウレタンは高弾性のため、ショックの吸収性に優れています。
耐摩耗性 超高分子ポリエチレン、耐摩鋼などと比べても抜群の耐摩耗性があります。
(表1参照)
電気絶縁性 100℃以下での、10Kサイクルまでの周波数抵抗値なら十分絶縁可能。
耐候性 光線・オゾン・酸素等に幅広い抵抗力があります。
耐薬品性
耐油性
耐水性
耐薬品性に優れ、ほとんどの油脂類や水分等に良好。溶剤類はおおむね不可です。
(表2参照)
種類 標準の平滑面に加えて、梨地加工も可能。(粗さ1~3まであり) 帯電防止加工(黒)もあります。
膜厚 0.5~2mm
色調 標準色はクリア。ほか赤、白、グリーンなどあらゆる色に対応。
適用基材 金属、グラスファイバー、布ゴム、プラスティック、コンクリート等
表1:炭素鋼を100とした摩耗テスト
(条件:砂50:水50:1750rpm/7h)
素 材 減耗率
ウレタン 8
超高分子ポリエチレン 22
耐摩鋼 62
ステンレススチール 82
炭素鋼 100
高分子ポリエチレン 218
塩化ビニール 532
6061アルミニウム 1042

表2:耐薬品データ

薬品名 膨張率(VOL%)
メチルエチルケトン 270
メチルアセテート 170
トルエン 130
30%硫酸 2
30%塩酸 分解
10%苛性ソーダ 0.7
潤滑油(JIS No.3 OIL) 8
0.1

導入事例の説明

ウレタンコーティングの導入事例イラスト
 
  • 従来のゴムライニングの代わりにウレタンを表面にコーティングしますと、耐摩耗性や耐衝撃性が数倍向上します。
  • 標準色が豊富なため、(アイボリー、グリーン、ブルー、イエロー)ポット内のワーク識別が用意になります。
  • ゴムライニングの上からコーティングが出来、黒ゴムの焼却が不要なため、耐環境性がよくなります。(損傷の著しく激しい物はご相談下さい)
         

事例紹介

ウレタンコーティングされたVベルト

Vベルト/摩耗粉が出るのを防止するために表面に耐摩耗性の高いウレタンコーティングをしています

ウレタンコーティングされた回転羽根

回転羽根/ワークを連続して送る際の衝撃をウレタンコーティングにて吸収します。

用 途

パーツフィーダ、シュート、ホッパー、振動バレル
スクリーン、トップチェーン等