Modified fluorine coating

変性フッ素コーティング

変性フッ素樹脂の特長

非粘着、低摩擦係数などフッ素樹脂と同等の特性をもちながら、フッ素コーティングよりも硬度、耐摩耗性などの機械的強度や装着性などで優れた性質をもったコーティング被膜です。

変性フッ素樹脂の特性

耐摩耗性 硬度3H~5H(鉛筆硬度)と、フッ素樹脂にくらべ耐摩耗に優れております。
低摩擦性 フッ素樹脂に準じて優れた摩擦係数(0.04~0.07)を有しています。
低温焼成(グレー) 連続使用温度 △(160℃)
耐摩耗、非粘着性 ◎
高温焼成(茶褐色) 連続使用温度 ◎(220℃)
耐摩耗、非粘着性 ◎
膜圧 20~30μm
色調 グレー、茶褐色
適用基材 ガラス、セラミックス、金属(銅を除く)

導入事例の説明【小物部品の製品シュート】

変性フッ素コーティングによる小物部品の製品シュートへの導入事例
  • 変性フッ素コーティングは摩擦係数が低く、シュートやホッパー、ガイドなどの滑り性を格段に向上させます。
  • 変性フッ素コーティングは硬度3H~5Hを有し、耐摩耗性に優れています。
  • 低温焼成タイプ(180℃)と高温焼成タイプ(260℃)があり、材料の特性に応じたコーティングが得られます。低温焼成タイプの場合、熱によるひずみの心配がありません。
変性フッ素施工例
用途 シュート、ホッパー、シャッター、スライドレールなど、フッ素よりも耐摩耗性が必要とされる部所